ごあいさつ

小児歯科

a037ani.giflogo.png2.png

www.jspd.or.jp/

 

 


当医院では、それぞれのお子様にあった治療方針を立てて参ります。
各種診査を元に、今どういう治療がそのお子様に必要かと言うことを
保護者の方とご相談させて頂き、納得のいく治療を心がけております。
そのため、予約時間にゆとりを持たせ、お子様、保護者の方々と
充分なコミュニケーションが図れるようにいたしております。

成長発育期に虫歯があっては充分に栄養補給が出来ません。
より健康的に、すくすくとした成長には健康な歯が欠かせません。


当医院での小児歯科治療の特色

1. ラバーダム防湿の徹底

ある程度の年齢に達するまで、お子様が口を開け、舌を動かさないなんて
考えられるでしょうか?
歯科治療において、つめものをしたり、神経の治療をする時に
唾液の侵入は絶対に避けなくてはなりません。

また、子供はいつ動き出すかわかりません。
もし歯を削っている時に顔を動かせばどうなるでしょう。。。。

そのため、当医院では可能な限りラバーダム防湿を行い、
治療中のトラブルを未然に防ぐと共に
より、理想的な治療環境をと考えております。

shouni31.jpg
 
ラバーダム防湿のセッティングが
完了した状態です。
呼吸は鼻から出来ますし、
もし鼻がつまっている場合は
ラバーシートの脇に隙間を作って
充分に口から呼吸が出来るようにします。
 

shouni21.jpg


このように、治療が必要な歯だけを
隔離して治療を進めます。
途中で唾液が治療部位に入り込んだり

歯を削る機械からでる水や、使用薬品が
口の中に入ることがありません。
歯を削っている最中に、舌や頬を傷つける
危険性も避けることが出来ます。


2. ブラッシングの徹底
      
 
毎回、来院時には、歯垢を染め出し、
ハブラシを行って頂いております。
ブラッシングは御家庭で出来る最も効果的な
ムシ歯予防手段です。
毎回チェックすることで
ブラッシングテクニックの向上や
デンタルフロスの使いかたの指導など
習慣としてのブラッシングを指導して参ります。

 

brush.jpg

 

3. リコールシステム

目で見てわからなくても歯の内側で大きな虫歯が出来ていた。。。
こんな話をよく耳にします。
このような虫歯は歯科医院でしか発見することは出来ません。
定期的なチェックが、子供たちの歯を守っていく上では欠かせないと考えています。

いったん治療が完了後、虫歯になりやすい子・なりにくい子、
それぞれの子供に合わせた期間で定期検診を行って参ります。


4. フッ素による虫歯予防

より丈夫な歯にするために、フッ素を積極的に取り入れ
医院におけるフッ素塗布はもとより
ホームケアの一環として、ブラッシングと共に
フッ化物の使用を指導して参ります。


5. 食習慣の指導

毎日摂る食事やおやつ
間違った摂り方はしていませんか?
食習慣を正すことで、ムシ歯の発生を抑えることも出来ます。
普段の食生活を指導して参ります。


6. 成長期の歯列矯正

成長時期や、歯の生え替わる時期、ちょっとした修正や
成長方向をコントロールしてあげることで、永久歯の歯並びを
正しくできることが少なくありません。
早期にトラブルを発見し、永久歯列の乱れを防ぐ治療を行います。

 

MRC矯正を見てみる